--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびたの甲州弁講座 09

2011年05月21日 20:00


連載・シリーズもの一気読みはこちら>>


とろとろ的節電 省エネモードで連載中!!






久々"甲州弁講座"です。
このところ、影が薄かったちびたがんばれ!


ケイタイでご覧になる方、画像は4つです。


ちびたの甲州弁講座 09_1



ちびたの甲州弁講座 09_2


標準語訳は次回ということで。
あ、要りませんか? そうですか。。


"ほうとう"はわが山梨県が誇る数少ない郷土料理です。
郷土料理だから歴史も長く、各地域、各家庭でそれぞれ
工夫をこらしたレシピと食べ方があります。
きしめんや味噌煮込みうどんとはまったく別物です。

県外から来た観光客はほぼ、"ほうとう"を食べるらしく
以前東京からこちらへ移り住んだ知人に

「長野のほうへスキーに行くとき、山梨は通過県なんだけど
帰りは必ず国道20号へ出て、"ほうとう"食べて帰るのが
ルートだったんだよ」と聞いたことがあります。

郷土料理だから、ほとんどの県民は
自分の好きな"ほうとうレシピ"があります。
だから、あんまり外食で食べる"ほうとう"を
おいしいとは言いません。
よくあることです。
いや、営業妨害しているわけではないですよ。
好みもありますからね。
お店のが好きっていうことだってあるでしょう。

こいのぼりの写真>>を撮ったところ、
"南きよさと道の駅"で
このぶっといほうとうを買って
さっそく家で野菜たっぷり入れて作ってみました。
麺の太さがほんとうにハンパなく
煮あがったところ、幅2cm以上はありました。
もっちりしていておいしかったです。

食べ終わってから、撮影しておけばよかったと後悔。
なので絵にしてみました。




ほうとう図


「武田信玄の陣中食だった」というのは
後世、信玄にあやかろうと観光資源に
利用された感は否めません。
でも実際小麦粉や味噌は戦に持っていけるものだし
現場現場で山菜採ったり、いのしし入れたり
きっと食べたのではないかなあ…


ほうとう写真
フジハラセイメン>>

ちなみにわが家の"ほうとう"は
かぼちゃ、にんじん、ほうれんそう、きのこ、油揚げは必ず
あとはそのときある野菜を麺といっしょに煮込んで
ちょっとふんぱつした味噌で味付けして食べます。

風邪のときは完全栄養食品として重宝しています。







ブログランキング・にほんブログ村へ

Qooたんを応援してください。

ちびたも応援してください。




________________________

動物支援関係はこちらへまとめました>>


動物支援バナーS

今さらですがバナー作ってみました。
使ってみてもいいと思われる方は
お持ち帰りください。
________________________











ちびたの甲州弁講座
同郷の方、お楽しみに!

のんびりまったり とろとろ川柳
のんびりまったり…あせらない、いそがない…

chibita234-60.jpg
当サイト内の全てについて著作権は放棄していません。
ご了承ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。