--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の肛門線絞り 後編

2010年09月21日 22:00

">連載・シリーズもの一気読みはこちら>>


昨日の続き>>です。

怒涛の肛門線絞り 後編。

では、どうぞ。



ひととおりの治療を済ませ
そろそろおいとまを…と
とろとろをケージに入れようとすると先生が
肛門線、搾ったことありますか?
と聞いてきました。


以下 
獣医さん:医 
torotoro:to
会話 括弧なし
で進みます。


医 肛門線、搾ったことありますか?

to え? (そういえば聞いたことあるなあ…) いいえ。ないです。

医 肛門線、ですよ。

to いいえ。ない、です。

医 …

to …

医 …破裂することもあるんですよ?

to (はい?) 破裂って、破裂、ですか?

医 はい。ふつうの破裂です。

to 破裂してどうなるんですか?

医 (即答)死にます。

to (絶句)えええええええええええええええええええええ

医 搾りますか?

to はい!ぜひ!!すぐやってください。(涙目)

医 じゃ、搾り

までおっしゃって、先生、7cm×8cmくらいの透明の
ぺらぺらのビニールを引き出しからおもむろに出しました。

医 ましょう。

やる気満々だったんですね。先生…

「とろとろ、とってもらおう」と小声で諭し
診察台に再び乗せました。
とろとろはいい子だから、こういうとき
扱いやすすぎて、それはもうふびんなんです。
でもとろとろのまま、破裂されてはたまったもんじゃありません!!

先生、素手でいいんですか?
と聞こうとしましたが、
なんか、
「慣れてるからご心配なく」光線が出ていたので
「じゃ、お願いします(涙目)」視線を送り返しました。


to うちでもやったほうがいいですよね? やり方覚えます!

医 はい。では、ここ見てください。

かっこわるいにゃ


to え。どこですか?(見えねー)
  ―かがんで見る。が、よくわからないのでお茶を濁す。
  あ。はい、はい。


医 これがそうです。両脇に小さい穴が見えますよね?

to … ああ。
  ―ほんとはわからない。


医 ほんとに見えてますか?ここですよっ。ここっ。


ここ!



to ああ。見えました。
  ―ほんとにやっと見えた。


医 …

to …(すみません)

医 じゃ、離れていてくださいよ。

to はい。
  ―離れる。53cmくらい。


医 (とろとろに向かって)では、失礼します。

to (先生を見て)はい。お願いします。

医 ここをこうやって押し 上 げ る よ う に うーん





  どぴゅーーーっ

医 きゃー

to あ、先生!大丈夫ですか?
  (私は大丈夫ですけど)

医 …

to 先生…

医 白衣がああ

to (先生、青じゃないですか…)


白衣(青じゃん)



医 あー

to …臭いんですか?

医 いえ。歯石のほうがよーっぽど臭いです。

to へえ。そーなんですか。(汗

医 すごい量でした。

to 8年分ですからねー(笑い事じゃないか^_^;)

医 …たまってましたね(--メ)

to あははああ。

医 ……

沈黙。

to …とろとろ、さ、帰ろうか…



すごい量だったらしいんです。
色は黒砂糖を溶かしたような感じ。
少し粘り気のある液体。

こんなものが肛門の脇に溜まるんだ
猫ってたいへんなんだなーと
わけわかんないことを思うtorotoroでした。

(気を取り直した先生も)
ふつうはこんなに飛ばないと
おっしゃっていたようないなかったような…

今となってはもうどうでもいいこと。
だってtorotoroは自分で猫の肛門線搾りなんかしませんから。

先生、またお願いしますねw


そうそう。
歯石も取ったんです。
その話もいずれまた。


うーん へんなかんじ






肛門線搾りは飼い主の責任だそうです。
でも、先生お願いします。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
ぽちっとにゃ!







本日お越しくださったみなさま、ありがとうございました。






ちびたの甲州弁講座
同郷の方、お楽しみに!

のんびりまったり とろとろ川柳
のんびりまったり…あせらない、いそがない…

chibita234-60.jpg
当サイト内の全てについて著作権は放棄していません。
ご了承ください。







コメント

  1. torotoro | URL | -

    やまねこ婆様

    Λ_Λ こんばんは。

    >とろとろちゃん、お疲れ様でした!

    とろとろに代わってお礼申し上げます。
    ありがとうございます。

    >家も4歳ですがしたこと無いです・・・

    どうなんでしょうか。
    うちもこういうかっこ、とろとろだけなんですよ。
    だから、やっぱり溜まりやすい子はいるんじゃないでしょうか。
    4歳? どちらがですか?
    やまねこ婆さんのところは、
    繊維の強そうな葉っぱ、いっぱいありそうだもの
    それ食べたら消化せず、残りそうですよねw

    今日は山から見える月、きれいでしょうね。

  2. torotoro | URL | -

    9:32の鍵コメさん。
    また、伺います。

  3. やまねこ婆 | URL | -

    とろとろちゃーーーーん

    とろとろちゃん、お疲れ様でした!
    で、会話に爆笑、もーーーー笑う所じゃないと思いながらね。
    家も4歳ですがしたこと無いです・・・必要じゃない子もいるのかな?
    うんPに草が混じった時は、切れずにこういう格好をするときがあります、が、やっぱりうんP。汚い話で御免ね。

  4. torotoro | URL | -

    tokotoko194様

    Λ_Λ こんばんは。

    >とろとろちゃん、お疲れ様でしたm(__)m

    とろとろに代わってお礼申し上げます。
    ありがとうございます。

    でも、このときのとろとろは大変でした。
    人間で言ったら、おそらく人間ドッグ。
    あ、猫だから猫ドッグww
    おとなしくいい子のとろとろだからできたこと。
    先生も、
    「いい子だね、いい子だね。」と連呼してましたけど。

    >だって、本当にう○こだったんですもん(^_^;)(^_^;)

    それもありますね。
    うちではそれ、ちびたがよくやります。
    でもね、微妙にカッコが違うんですよ。
    今度よく見てください。

    >でも、もしも肛門腺見つけても、絞るなんて絶対無理~(^_^;)(^_^;)

    同感です!

  5. torotoro | URL | -

    ニャーヨ様

    Λ_Λ こんばんは。

    >自分でやるにはかなりの力がいると聞きました。

    ええ。そう思いました。

    ぐっぐっぐっと押し上げてましたから。
    先生、たぶんかげんせずにやって
    飛ばしちゃったんだと思うんです。

    >それに・・・激臭なんですよね。

    そう、覚悟したんです。
    でも、歯石のほうが臭かったですよ。
    これも個体差あるかもですね。

    >また遊びに伺います!

    お待ちしてますv(^^)

  6. tokotoko194 | URL | 1wIl0x2Y

    とろとろちゃん、お疲れ様でしたm(__)m
    肛門腺絞り、聞いた事はありますが、
    絞ったことはもちろん肛門腺見た事もないです(^_^;)
    猫(モモ)が座ったまま移動する・・・を初めて見た時は、「ぎゃ~!!!」でした(^_^;)
    だって、本当にう○こだったんですもん(^_^;)(^_^;)
    毛が多めに含まれていたり、食べた葉っぱがちょっと大きめだったりて、
    いわゆる切れが悪かった時、1年に1~2回こういう事故が起こります(^_^;)

    でも、もう1匹の子はう○こじゃないのに移動してた気が・・・(^_^;)
    今度確認してみようっと・・・
    でも、もしも肛門腺見つけても、絞るなんて絶対無理~(^_^;)(^_^;)

  7. torotoro | URL | -

    トマシーナ様

    Λ_Λ こんばんは。

    >可愛い猫のイラストに見入ってしまいました。

    ありがとうございます。
    下手の横好きです。
    でも、よかったらまた見に来てください。

    >肛門腺、猫と暮らし始めて既に24年ほどになりますが、
    一度も絞ったことはありません。

    そうなんですよね。
    私も、かなりの猫好き。
    猫は人生、とまで豪語していても
    先生の「肛門線も自分で搾れないのか」光線には
    正直、自己嫌悪さえ覚えましたよww

    >リンクさせていただいちゃいますね(^^)

    はい。
    こういうところがネットのいいところですね。

  8. ニャーヨ | URL | -

    ブログにコメントを頂きありがとうございました。

    torotoroさんと先生のやり取りを読んでいるだけで不謹慎とは思いましたが笑えました( ̄m ̄*)
    肛門腺搾り、うちは16歳になりますが一度もやった事無いんですよね(^^;)
    自分でやるにはかなりの力がいると聞きました。
    それに・・・激臭なんですよね。
    とろとろちゃん、torotoroさん、お疲れさまでした(^^)
    また遊びに伺います!

  9. トマシーナ | URL | -

    はじめまして、トマシーナです!

    昨日はご訪問&コメントをありがとうございました(^^)
    はい!大学猫さん経由でお邪魔しました。
    可愛い猫のイラストに見入ってしまいました。
    こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

    肛門腺、猫と暮らし始めて既に24年ほどになりますが、
    一度も絞ったことはありません。
    今度獣医さんにやってもらおうかなぁ~。
    チョロ女王さま、13歳になるんだけど一度も絞ったことがないので。
    リンクさせていただいちゃいますね(^^)

  10. torotoro | URL | -

    nekomoca様

    Λ_Λ こんにちは。

    >本当に「絞る」んだ~。

    そうなんですよ。
    この先生、ほんとうに猫好きな先生だから
    こんな飼い主じゃ肛門線も絞ってやってないだろうと
    とろとろをふびんに思って、
    やってくれたんだと思います。
    長い間、知らずにかわいそうなことをしました。

    >最後のツーショットの!耳!!!! 表情豊かでかわいいです♪

    nekomocaさん、いつも気づいてくれてうれしいです。
    けっこう微妙な角度つけたりして描いてます。

    猫の耳いいですよねw

  11. nekomoca | URL | -

    絞るって・・

    こういうことだったんですね。
    本当に「絞る」んだ~。
    ネコって大変なんだ。ネコを飼うことも。
    何のために、、あるんだろう??肛門線。。

    だいぶ溜まってたみたいだけど、とろとろちゃんは「あースッキリしたー」感はないんですね^^
    最後のツーショットの!耳!!!! 表情豊かでかわいいです♪

  12. torotoro | URL | -

    ryu様

    Λ_Λ こんにちは。

    >思わず心当たりある事に…(゜o゜)

    あ。
    やっぱり?

    じゃ、かゆいのかもしれませんよ。
    旦那さん、とってくれるんですか?
    うまくいったら報告してくださいね。

    >いやぁ~「(即答)死にます」には
    読んでるアタシもビビリまくりですよ。

    はは。
    これは先生が、
    「猫好きなのに知らないんですか?」って
    ちょっとおどしかけた気もしますけどね。

    でも、化膿して毒が回って死ぬことは
    ほんとうにあるようですね。
    こんな死に方じゃ、猫も浮かばれませんよね。
    お互い、気をつけましょう。

  13. torotoro | URL | -

    こたばあや様

    Λ_Λ こんにちは。

    >病院の先生はなんともおっしゃらないけどどうなのかな
    って思いました。

    こちらから聞いたほうがいいかも、ですね。
    教えてくれない先生ってのもどうか、と。
    獣医さんならご存知でしょうからね。

    2歳半だとまだ溜まるほどじゃないかもしれませんね。
    うちも、これ、とろとろが溜まる体質らしいです。

    >よくがんばりました!

    とろとろに伝えます。
    照れて喜ぶと思います。

  14. ryu | URL | sSHoJftA

    こんにちは!

    思わず心当たりある事に…(゜o゜)

    サラダ随分と前からお尻を引きずって前に進みます。
    検索かけて「肛門腺しぼり」調べてみましたよ^^;
    サラダの肛門腺絞りに挑戦してみます…旦那が。
    いやぁ~「(即答)死にます」には
    読んでるアタシもビビリまくりですよ。

  15. こたばあや | URL | -

    こんにちは。
    無事に搾れてよかったですね。
    うちは2歳半だけどちゃんと自然に出てるのかしら?
    病院の先生はなんともおっしゃらないけどどうなのかな
    って思いました。
    とろとろちゃん、健気でかわいすぎます。
    おとなしすぎるのもかえって心が痛くなりますね。
    まだ、「う~」とか「しゃ~」とか、抵抗してくれた方が
    なんとなく気は楽?(お医者さんごめんなさい)
    よくがんばりました!

  16. torotoro | URL | -

    まゆげ恋二郎様

    Λ_Λ こんばんは。

    今宵もまた、ありがとう。

    ふつうは自然に出てしまうというか
    気付かないらしいんですよ。
    なんでとろとろはこんなに溜まっていたのか
    わからないんです。

    でも、よく座布団やフローリングでやってます。

    うん○だなんて思っていてかわいそうなことをしたと
    深ーく反省してます。

  17. torotoro | URL | -

    4の鍵コメさんへ。
    ブログへコメ返ししました。

  18. torotoro | URL | -

    マダム猫柳 様

    Λ_Λ こんばんは。

    >今日は・・おしっぽを掴まれて、
    肛門アップのショットで頑張ったとろとろちゃんが、
    優勝って感じですよね。(●^o^●) ノ

    この日のとろとろはくたくたでした。
    家に戻ってからも、
    もうどーにでもしてくれ感がたっぷりでした。
    あんまりかわいそうで、チキンとかマグロとか
    やったんですけど、
    「今はいらないよ…」
    とめずらしく抵抗されました。
    とろとろの場合、抵抗といってもそのくらいなので
    さらにふびんなんです。うぅ。。

  19. torotoro | URL | -

    yamano様

    Λ_Λ こんばんは。

    ご訪問ありがとうございます。

    ご自分で搾れるんですか?すごいです。
    私は獣医さんが目の前でやってくださったことを
    うちでやろうと思ったんですけど、
    かわいそうなのと
    「噛まれることもあります」というのと両方で
    とてもできませんでしたw

    大きい犬は大変でしょうね。
    笑い事じゃ済みませんね。
    大型犬の歯石をこの獣医さんに見せてもらったんですけど
    サイズがハンパじゃなかったです。
    それはもうびっくりサイズ!

  20. まゆげ恋二郎 | URL | LkZag.iM

    こんばんは。
    とっても勉強になりました。
    今度、母に教えておかなくっちゃ。
    とろとろクン、お利口さんにできたね。
    いっぱいなでてあげたい気持ちです(*^_^*)

  21. マダム猫柳 | URL | EHyT.yes

    こんばんは^^

    こういうことは、知識では知っていましたが、実践したことは無いです。f(^^;)
    次回、母のところのYUKIOが獣医さんのところに行く際には、話を聞いておきますです。

    それにしても、絞り出された液体の飛距離としては、ギネス級だったのかもしれませんね。f(^^;)
    相変わらず、先生と、torotoroさんとの会話・・この緊張感ただよう空気が、なにげに、クスッとこみあげてくるものがあるんですよね。いえね、微笑ましいというか、そういう感覚です。^^

    でも、今日は・・おしっぽを掴まれて、肛門アップのショットで頑張ったとろとろちゃんが、優勝って感じですよね。(●^o^●) ノ

  22. yamano | URL | KTxHIyoo

    大学猫SOSさん系列の

    ただいまねこまた修行中さんの所からきました^^。うちは,猫では,ありませんが,肛門分泌物の搾り出し,やった事がありますよ^^。最近は,殆どしませんが,一時期やっていました。
    溜まり過ぎて,時々炎症を起こす事があると言うのは聞いた事がありますけどね~。普通は,自然に出るもんらしいけど。時計の針でいうと「8時20分」の位置に(左右)出口があると言う事で,そこに両指を当てて搾り出すんだと本で読み,やっていました。コツを掴まないと難しいよ,そういうのは。余りに難しい時は,獣医にお願いしましたけど(うちは,犬です。犬でも
    超小型犬ならまだ良いとしても,うち位のサイズになると1人でやるのは,困難を極めるんで…。)。じゃ,この辺で。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qootan1222.blog14.fc2.com/tb.php/181-ec865119
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。